<< [探偵]タック&タカチとその取り巻きもしくはボアン先輩とその被害者(西澤保彦)*prev
[探偵]キッド・ピストルズ(山口雅也) >>*next
 

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author: スポンサードリンク
- | permalink | - | - |
 
 

[探偵]法月綸太郎(法月綸太郎)

deltaseaのミステリライブラリのdeltaseaさんからのエントリです。

登場作品
雪密室 誰彼(たそがれ) 頼子のために ふたたび赤い悪夢 生首に聞いてみろ


一の悲劇
二の悲劇


紹介文はdeltaseaさんの記事引用。原文はこちら。

次はいわゆる“名探偵”を選びたい。
本格ミステリには自分が“探偵小説に出てくるような”探偵であることに
異常なまでに意識的な(名)探偵が何人かいる。
例を挙げると木更津悠也(麻耶雄嵩 『名探偵木更津悠也』『翼ある闇』)
とか法月綸太郎(法月綸太郎)だ。
ただ、前者の場合小説の視点が探偵ではないので
彼がどう考えているかはちょっとわかりづらい。
それにたいして後者は小説家=名探偵=物語の視点と
現代において名探偵が名探偵として生きることの苦悩が
ストレートに伝わってくる。この悩んでいる姿が好きなので2人目は

悩める名探偵:
法月綸太郎(特に長編シリーズ)
法月綸太郎 『雪密室』『誰彼』『頼子のために』『ふたたび赤い悪夢』
      『一の悲劇』『二の悲劇』『生首に聞いてみろ』


author: ざれこ
企画4:好きな探偵ベスト(エントリ作品:国内) | permalink | comments(0) | trackbacks(0) |
 
 

スポンサーサイト

author: スポンサードリンク
- | permalink | - | - |
 
 
Comments:
Leave a comment:






TrackBack URL:
http://dokusyataisyo.jugem.jp/trackback/99
TrackBacks:
 
 

読者大賞blog

本屋大賞ならぬ読者大賞?を目指す投票ブログ。
※すみませんが、現在リンクなしトラックバックは
拒否しています。
ゴールデンスランバー 図書館危機 サクリファイス 有頂天家族 クジラの彼 悪人 映画篇 スロウハイツの神様(上) (講談社ノベルス) スロウハイツの神様(下) ミミズクと夜の王 (電撃文庫) 私の男 ジェネラル・ルージュの凱旋 鹿男あをによし 天と地の守り人〈第1部〉 (軽装版偕成社ポッシュ) 天と地の守り人〈第2部〉 (軽装版偕成社ポッシュ) 天と地の守り人〈第3部〉 (軽装版偕成社ポッシュ) 家日和 赤朽葉家の伝説 本泥棒 八日目の蝉 青い鳥 花宵道中 スコーレNo.4