<< [人生本]「博士の愛した数式」小川洋子*prev
[映画本]「フライ・ダディ・フライ」金城一紀 >>*next
 

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author: スポンサードリンク
- | permalink | - | - |
 
 

企画その1「映画化された(される)本ベスト」

各テーマがあまりにスパンが長いんで、軽く企画も入れていこうかと思います。
しんどいかなー。自分の首絞めるかなあ。まあいいや。

最初の企画は「映画化された(される)本」ベストです。

映画化された、もしくは今後映画化される本、まず私が1冊1記事で挙げます。
その中で面白かった、感動した「本」に、
また推薦コメント&トラックバックをいただいて、
期間を区切って集計し、上位作品をノミネートします。

そのノミネート作の中で「映画も本もよかった」
「本はよかったけど映画は・・」「映画に期待」といったテーマで、
さらに投票してもらいます。
で、最終的には「映画も本もよかった」本が高得点をとって1位になる、という仕組みに
変えたいと思います。

まずは私が記事を挙げていきますので、「これ忘れてるよ」ってのがあれば
どこかにコメントして教えてください。
「そんな映画ないって」っていうのも・・(笑)
いっぺんに全部あげるのはしんどいので、今思いついてるのをリストにしておきます。

(今後公開される作品)
「明日の記憶」荻原浩/「博士の愛した数式」小川洋子/
「疾走」「流星ワゴン」重松清/「春の雪」三島由紀夫/
「嫌われ松子の一生」山田宗樹/「夜のピクニック」恩田陸/
「空中庭園」角田光代/「陽気なギャングが地球を回す」伊坂幸太郎
「亡国のイージス」福井晴敏

(公開中、公開終了)
「電車男」中野独人/「ハサミ男」殊能将之/「ZOO」乙一/「イン・ザ・プール」奥田英朗
「フライ、ダディ、フライ」「対話篇」「GO」金城一紀/
「東京タワー」「落下する夕方」「冷静と情熱の間」江國香織/
「群青の夜の羽毛布」山本文緒/「海猫」谷村志穂/「いとしのヒナゴン」重松清/「OUT」桐野夏生/
「たそがれ清右衛」「隠し剣 鬼の爪」藤沢周平/
「ジョゼと虎と魚たち」田辺聖子/「きょうのできごと」柴崎友香/
「世界の中心で、愛をさけぶ」片山恭一/「黄泉がえり」梶尾真治/
「いま、会いにゆきます」市川拓司/「ゲームの名は誘拐」東野圭吾/
「13階段」高野和明/「ヴァイヴレータ」赤坂真理/「レキシントンの幽霊」村上春樹
「終戦のローレライ」「戦国自衛隊1549」福井晴敏/「戦国自衛隊」半村良/
「砂の器」松本清張/「模倣犯」「理由」宮部みゆき
「姑獲鳥の夏」「嗤う伊右衛門」京極夏彦

とりあえず最近ので思いつくのを挙げてみました。
また思い出したらアップします。絶対、すごいのを忘れてる・・

あと、ノベライズ(映画が先で原作が後、例「呪怨」)はきりがないので
ここでは挙げてませんが、コメントいただいたらアップします。

洋画は苦手。観るのはいいんですが、翻訳ものをあまり読まないため、
原作があるかないかはいまいちわかってません。
わかる範囲でこのくらい挙げてみますね。また教えてください。

「ゴールデンボーイ」「スタンド・バイ・ミー」「シャイニング」
「ブリジット・ジョーンズの日記」「ハイ・フィデリティ」
「ボーン・コレクター」「羊たちの沈黙」「レッド・ドラゴン」「ハンニバル」
「ガープの世界」「サイダーハウス・ルール」

期間は、第一次投票期間 8月31日まで
そして5作品をノミネート、投票期間は9月30日まで、とします。

よろしくお願いします。とりあえず、記事たてますので。


author: ざれこ
企画1:映画化本ベスト | permalink | comments(1) | trackbacks(2) |
 
 

スポンサーサイト

author: スポンサードリンク
- | permalink | - | - |
 
 
Comments:
ヒキタクニオさんをオススメします。
「凶気の桜」もオススメですが(本・映画とも)、今作成中の映画「鳶がクルリと」もオススメ!
とにかく、スカッとします。頑張れ、ガテン系!
comment by: すの | 2005/07/23 6:39 AM
Leave a comment:






TrackBack URL:
http://dokusyataisyo.jugem.jp/trackback/7
TrackBacks:
フライ,ダディ,フライposted with 簡単リンクくん at 2005. 6. 1金城 一紀講談社 (2003.1)通常2〜3日以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る 金城一紀の本を3冊読んで、ひとつ気づいたことがある。 ああこの作家さん好きーすごく好きー な
trackback by: 本を読む女。改訂版 | 2005/07/15 7:30 PM
「鳶がクルリと」ヒキタクニオ(2002) ★★★☆☆ *国内・現代・小説 本作品の著者は、窪塚洋介が惚れ込んで、本人主演で映像化したと言われる「凶気のサクラ」(これはこれでオススメ)を書いた人です。本作品は「凶器の〜」とは、まったく違い、現代日本の普通
trackback by: 図書館で本を借りよう!〜小説・物語〜 | 2005/07/23 6:36 AM
 
 

読者大賞blog

本屋大賞ならぬ読者大賞?を目指す投票ブログ。
※すみませんが、現在リンクなしトラックバックは
拒否しています。
ゴールデンスランバー 図書館危機 サクリファイス 有頂天家族 クジラの彼 悪人 映画篇 スロウハイツの神様(上) (講談社ノベルス) スロウハイツの神様(下) ミミズクと夜の王 (電撃文庫) 私の男 ジェネラル・ルージュの凱旋 鹿男あをによし 天と地の守り人〈第1部〉 (軽装版偕成社ポッシュ) 天と地の守り人〈第2部〉 (軽装版偕成社ポッシュ) 天と地の守り人〈第3部〉 (軽装版偕成社ポッシュ) 家日和 赤朽葉家の伝説 本泥棒 八日目の蝉 青い鳥 花宵道中 スコーレNo.4