<< [2007新刊]「守護天使」上村佑*prev
[2007新刊]「ミミズクと夜の王」紅玉いづき >>*next
 

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author: スポンサードリンク
- | permalink | - | - |
 
 

[2007新刊]「フィッシュストーリー」伊坂幸太郎

2007年新刊本ベストへのエントリです。

フィッシュストーリー

s子さんからのエントリです。
読まれた方、トラックバックやコメントをいただけると嬉しいです。
author: ざれこ
新刊本エントリ(タイトル別:は行) | permalink | comments(0) | trackbacks(5) |
 
 

スポンサーサイト

author: スポンサードリンク
- | permalink | - | - |
 
 
Comments:
Leave a comment:






TrackBack URL:
http://dokusyataisyo.jugem.jp/trackback/373
TrackBacks:
伊坂幸太郎は仙台を舞台とする小説を多く発表しているが、中には仙台でないものもある。仕方ないけど結構さびしい。 本書は仙台を舞台とする短編4つを収録している。やっぱり伊坂の「仙台もの」は良い。なにせ私は宮城県人
trackback by: ぱんどら日記 | 2007/04/13 12:35 PM
フィッシュストーリー発売元: 新潮社価格: ¥ 1,470発売日: 2007/01/30売上ランキング: 181おすすめ度 posted with Socialtunes at 2007/02/10 待ってました!待ってましたよ伊坂幸太郎! と、発売日前にbk1に予約したら発売日から数日後にやっと届き、 こりゃ
trackback by: 本を読む女。改訂版 | 2007/04/19 11:33 PM
伊坂さんの作品を読み終えた後はついつい一杯やりたくなってしまいます。グラスを宙に掲げ、そこにはいない、ただ誰でもない相手と乾杯をしたくなるのです。 さて一昨年くらいから刊行の噂されていた伊坂さんの短篇集『フィッシュストーリー』です。その発売を待ちわ
trackback by: 今更なんですがの本の話 | 2007/04/27 11:14 PM
今日はちょっと号外的な内容です。興味のない方は読み飛ばして下さいね。実はとんでもない商材が出たんです!!わずか3日目で3ドル獲得し、3ヵ月後には毎月30万円以上稼ぎ出す“500名限定”のアドセンス・セミプロ増産プロジェクトが遂にスタートし...
trackback by: 韓国ドラマ愛好会 | 2007/06/03 9:52 PM
おもしろい。 でも普通かな。 伊坂幸太郎がおもしろいのはちょっと当たり前のような気分なので。 彼の著作を読んでいなければおもしろさも半分だし。 短編だしなぁ。 やっぱり、長編のほうが彼の力量がばずーんと発揮されるように思う。 短編は伏線の収
trackback by:    退廃界隈 | 2007/07/05 12:25 PM
 
 

読者大賞blog

本屋大賞ならぬ読者大賞?を目指す投票ブログ。
※すみませんが、現在リンクなしトラックバックは
拒否しています。
ゴールデンスランバー 図書館危機 サクリファイス 有頂天家族 クジラの彼 悪人 映画篇 スロウハイツの神様(上) (講談社ノベルス) スロウハイツの神様(下) ミミズクと夜の王 (電撃文庫) 私の男 ジェネラル・ルージュの凱旋 鹿男あをによし 天と地の守り人〈第1部〉 (軽装版偕成社ポッシュ) 天と地の守り人〈第2部〉 (軽装版偕成社ポッシュ) 天と地の守り人〈第3部〉 (軽装版偕成社ポッシュ) 家日和 赤朽葉家の伝説 本泥棒 八日目の蝉 青い鳥 花宵道中 スコーレNo.4