<< [2006新刊]「クローズド・ノート」雫井脩介*prev
[2006新刊]「一瞬の風になれ」佐藤多佳子 >>*next
 

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author: スポンサードリンク
- | permalink | - | - |
 
 

[2006新刊]「夜は短し歩けよ乙女」森見登美彦

2006年の新刊本ベストへのエントリです。

夜は短し歩けよ乙女
森見 登美彦著
角川書店 (2006.11)
通常24時間以内に発送します。


rocketbooksのロケットさんからのエントリです。
ロケットさんの感想はこちらです。
author: ざれこ
2006年新刊本ベスト(エントリ作品) | permalink | comments(0) | trackbacks(3) |
 
 

スポンサーサイト

author: スポンサードリンク
- | permalink | - | - |
 
 
Comments:
Leave a comment:






TrackBack URL:
http://dokusyataisyo.jugem.jp/trackback/359
TrackBacks:
さて、本日の日記を披露する前に、一つ前置きさせて頂きたい。 これより繰り広げられる、戯言、妄言、失言の数々はあくまで褒め言葉である事を、心の片隅に留め置いといて欲しいのである。 勿論、常日頃、某の様な空け者の綴る、駄文、拙文、戯文を、その寛大な御心で
trackback by: 今更なんですがの本の話 | 2007/01/06 11:52 AM
夜は短し歩けよ乙女 森見 登美彦 ・出版社/著者からの内容紹介・ 鬼才モリミが放つ、キュートでポップな片想いストーリー! 「黒髪の乙女」にひそかに想いを寄せる「先輩」は、夜の先斗町に、神社の古本市に、大学の学園祭に、彼女の姿を追い求めた。二人を待ち
trackback by: −just feeling− | 2007/01/07 4:02 PM
もりみーサイコー。 もりみーにコンコンコンとやられました。 読んだのは昨年の12月上旬だったでしょうか。 なんだか本の感想って読み終わったときの勢いか、気合があふれてこないとなかなか書く気になれないんですよねぇ。 だめなコですねぇ。 感想書
trackback by:    退廃界隈 | 2007/07/05 12:27 PM
 
 

読者大賞blog

本屋大賞ならぬ読者大賞?を目指す投票ブログ。
※すみませんが、現在リンクなしトラックバックは
拒否しています。
ゴールデンスランバー 図書館危機 サクリファイス 有頂天家族 クジラの彼 悪人 映画篇 スロウハイツの神様(上) (講談社ノベルス) スロウハイツの神様(下) ミミズクと夜の王 (電撃文庫) 私の男 ジェネラル・ルージュの凱旋 鹿男あをによし 天と地の守り人〈第1部〉 (軽装版偕成社ポッシュ) 天と地の守り人〈第2部〉 (軽装版偕成社ポッシュ) 天と地の守り人〈第3部〉 (軽装版偕成社ポッシュ) 家日和 赤朽葉家の伝説 本泥棒 八日目の蝉 青い鳥 花宵道中 スコーレNo.4