<< [2006新刊]「それからはスープのことばかり考えて暮らした」吉田篤弘*prev
[2006新刊]「私を見て、ぎゅっと愛して」七井翔子 >>*next
 

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author: スポンサードリンク
- | permalink | - | - |
 
 

[2006新刊]「少し変わった子あります」森博嗣

2006年の新刊本ベストへのエントリです。

少し変わった子あります
森 博嗣著
文芸春秋 (2006.8)
通常24時間以内に発送します。


黒夜行の通りすがりさんからのエントリです。ありがとうございました。
通りすがりさんの感想はこちらです。

読まれた方、トラックバックやコメントをいただけたら嬉しいです。

author: ざれこ
2006年新刊本ベスト(エントリ作品) | permalink | comments(0) | trackbacks(5) |
 
 

スポンサーサイト

author: スポンサードリンク
- | permalink | - | - |
 
 
Comments:
Leave a comment:






TrackBack URL:
http://dokusyataisyo.jugem.jp/trackback/354
TrackBacks:
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
trackback by: - | 2006/11/30 9:24 AM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
trackback by: - | 2006/11/30 9:29 AM
えっと、勇気を出して書いてみよう。 私、森博嗣氏とは、多分気が合いません。 なんていうかなあ、人気者だし、話してて面白いクラスメイトがいたとして、 でもその子と自分はなぜかどうも会話が弾まない、会話ができているようで 受け答えが微妙にずれてって、結
trackback by: 本を読む女。改訂版 | 2006/12/17 3:45 AM
森博嗣さん…実は我が家での積読ランキングでトップクラスの方であります。 昔、古本屋さんで文庫が10冊くらい格安セットになっていて、思わず衝動買いしちゃったんだけど、結局それっきりだったりして。 いや、たしか2、3回読もうかどうしようか捲った事はあったか
trackback by: 今更なんですがの本の話 | 2007/01/13 9:40 PM
やられた。 やられましたよ。 小気味よいってこういうことじゃないかしら。 生真面目に読んでいたから余計に小気味よかった。 たまらんの。 たまらん点が多々あるのでどこに絞って書けばいいのかわからないのでその辺りは放棄。 ただ生真面目に読めば読む
trackback by:    退廃界隈 | 2007/07/05 12:29 PM
 
 

読者大賞blog

本屋大賞ならぬ読者大賞?を目指す投票ブログ。
※すみませんが、現在リンクなしトラックバックは
拒否しています。
ゴールデンスランバー 図書館危機 サクリファイス 有頂天家族 クジラの彼 悪人 映画篇 スロウハイツの神様(上) (講談社ノベルス) スロウハイツの神様(下) ミミズクと夜の王 (電撃文庫) 私の男 ジェネラル・ルージュの凱旋 鹿男あをによし 天と地の守り人〈第1部〉 (軽装版偕成社ポッシュ) 天と地の守り人〈第2部〉 (軽装版偕成社ポッシュ) 天と地の守り人〈第3部〉 (軽装版偕成社ポッシュ) 家日和 赤朽葉家の伝説 本泥棒 八日目の蝉 青い鳥 花宵道中 スコーレNo.4