<< [2006新刊]「いつもの朝に」今邑彩*prev
[2006新刊]「イレギュラー」三羽省吾 >>*next
 

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author: スポンサードリンク
- | permalink | - | - |
 
 

[2006新刊]「終末のフール」伊坂幸太郎

2006年の新刊本ベストへのエントリです。

終末のフール
終末のフール
posted with 簡単リンクくん at 2006. 9.14
伊坂 幸太郎著
集英社 (2006.3)
通常2-3日以内に発送します。


+ ChiekoaLibrary +のchiekoaさんからのエントリです。
chiekoaさんの感想はこちらです。

読まれた方、トラックバックやコメントをいただけたら嬉しいです。
author: ざれこ
2006年新刊本ベスト(エントリ作品) | permalink | comments(0) | trackbacks(7) |
 
 

スポンサーサイト

author: スポンサードリンク
- | permalink | - | - |
 
 
Comments:
Leave a comment:






TrackBack URL:
http://dokusyataisyo.jugem.jp/trackback/325
TrackBacks:
終末のフール発売元: 集英社価格: ¥ 1,470発売日: 2006/03posted with Socialtunes at 2006/04/17 あーなんかちゃんと感想を書けない気がするけど、書いてみる。 いい本って逆にうまい感想が浮かばない。いつもそうだ。 「博士の愛した数式」しかり「告白」しかり
trackback by: 本を読む女。改訂版 | 2006/09/14 12:29 AM
終末のフールposted with 簡単リンクくん at 2006. 9.17伊坂 幸太郎著集英社 (2006.3)通常2-3日以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る 幼い頃、父親の本棚で『日本沈没』という本を見つけた。今、映画化されて話題になっているあの本だ。子供の
trackback by: マロンカフェ 〜のんびり読書〜 | 2006/10/11 7:55 PM
伊坂さんの最新連作短篇集『終末のフール』です。 世界の終わりまで残り3年。 一時の混乱が嘘のように落ち着きを取り戻しだした街が今回の舞台です。 終末を迎えようとする人々の姿を眺めていると、人間という存在がとても愛しくなってきます。 確かに人は時に
trackback by: 今更なんですがの本の話 | 2006/11/27 6:15 PM
タイトル:終末のフール 著者  :伊坂幸太郎 出版社 :集英社 読書期間:2006/08/11 - 2006/08/13 お勧め度:★★★★★ [ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ] あと3年で世界が終わるなら、何をしますか。 2xxx年。「8年後に小惑星が落ちてきて地球が滅亡する」
trackback by: AOCHAN-Blog | 2007/01/16 10:18 PM
終末のフールposted with amazlet on 06.09.05 伊
trackback by: ついてる日記? | 2007/01/31 12:43 AM
私は、ほとんどの伊坂さんの作品を読んでいますが、この作品は、題材が終末という事もあって、いつもの作品よりも、ちょっと重く淡々とした時間の経過を感じました。 とはいえ、8つの物語の構成からなり、登場人物が要所要所で交差している事、 伏線の張り方は
trackback by: ミステリー倶楽部 | 2007/02/08 5:35 PM
8年後に小惑星が衝突し、世界が滅びますよ、と言われた人たちの 5年後、6年後のお話。短編8篇を1冊にまとめたもの。 読んだことがあるのは篭城のビールでした。
trackback by: NyamaLibrary | 2007/03/01 12:06 PM
 
 

読者大賞blog

本屋大賞ならぬ読者大賞?を目指す投票ブログ。
※すみませんが、現在リンクなしトラックバックは
拒否しています。
ゴールデンスランバー 図書館危機 サクリファイス 有頂天家族 クジラの彼 悪人 映画篇 スロウハイツの神様(上) (講談社ノベルス) スロウハイツの神様(下) ミミズクと夜の王 (電撃文庫) 私の男 ジェネラル・ルージュの凱旋 鹿男あをによし 天と地の守り人〈第1部〉 (軽装版偕成社ポッシュ) 天と地の守り人〈第2部〉 (軽装版偕成社ポッシュ) 天と地の守り人〈第3部〉 (軽装版偕成社ポッシュ) 家日和 赤朽葉家の伝説 本泥棒 八日目の蝉 青い鳥 花宵道中 スコーレNo.4