<< 時代小説ベスト投票、結果発表*prev
[2006新刊]「終末のフール」伊坂幸太郎 >>*next
 

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author: スポンサードリンク
- | permalink | - | - |
 
 

[2006新刊]「いつもの朝に」今邑彩

2006年の新刊本ベストへのエントリです。

いつもの朝に
いつもの朝に
posted with 簡単リンクくん at 2006. 9.14
今邑 彩著集英社 (2006.3)通常2-3日以内に発送します。


+ ChiekoaLibrary +のchiekoaさんからのエントリです。
chiekoaさんの感想はこちらです。

読まれた方、トラックバックやコメントをいただけたら嬉しいです。
author: ざれこ
2006年新刊本ベスト(エントリ作品) | permalink | comments(0) | trackbacks(3) |
 
 

スポンサーサイト

author: スポンサードリンク
- | permalink | - | - |
 
 
Comments:
Leave a comment:






TrackBack URL:
http://dokusyataisyo.jugem.jp/trackback/324
TrackBacks:
穏やかなタイトルにひかれて読んでみたら、これはミステリーホラーの力作であった。(ホラーミステリー? ミステリーホラー? ああ小説のジャンルって本当にわからない) 本当はミステリーホラーという言葉さえ使い
trackback by: ぱんどら日記 | 2006/09/19 1:42 PM
夜の次は朝であります。 というわけで今回は今邑彩さんの『いつもの朝に』 この本はいいですよ。珍しく強く勧めます。 機会があったら是非読んでみてください。 序盤での事の起こりや展開などはかなりオーソドックスな気もしますが、その分安心して読み進むこと
trackback by: 今更なんですがの本の話 | 2006/11/27 6:09 PM
タイトル:いつもの朝に 著者  :今邑彩 出版社 :集英社 読書期間:2006/12/20 - 2006/12/23 お勧め度:★★★★ [ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ] 兄弟の出生に秘められた、恐怖と感動の真実。 容姿端麗、成績優秀、スポーツ万能の兄と、兄とは正反対で何
trackback by: AOCHAN-Blog | 2007/01/16 10:19 PM
 
 

読者大賞blog

本屋大賞ならぬ読者大賞?を目指す投票ブログ。
※すみませんが、現在リンクなしトラックバックは
拒否しています。
ゴールデンスランバー 図書館危機 サクリファイス 有頂天家族 クジラの彼 悪人 映画篇 スロウハイツの神様(上) (講談社ノベルス) スロウハイツの神様(下) ミミズクと夜の王 (電撃文庫) 私の男 ジェネラル・ルージュの凱旋 鹿男あをによし 天と地の守り人〈第1部〉 (軽装版偕成社ポッシュ) 天と地の守り人〈第2部〉 (軽装版偕成社ポッシュ) 天と地の守り人〈第3部〉 (軽装版偕成社ポッシュ) 家日和 赤朽葉家の伝説 本泥棒 八日目の蝉 青い鳥 花宵道中 スコーレNo.4