<< [2006新刊]「ミーナの行進」小川洋子*prev
第2回文庫本ベスト >>*next
 

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author: スポンサードリンク
- | permalink | - | - |
 
 

[2006新刊]「風に舞いあがるビニールシート」森絵都

2006年の新刊本ベストへのエントリです。

風に舞いあがるビニールシート
森 絵都著文芸春秋 (2006.5)通常24時間以内に発送します。


活字中毒日記!のトラキチさんからのエントリです。
トラキチさんの感想はこちらです。

読まれた方、トラックバックやコメントをいただけたら嬉しいです。
author: ざれこ
2006年新刊本ベスト(エントリ作品) | permalink | comments(0) | trackbacks(5) |
 
 

スポンサーサイト

author: スポンサードリンク
- | permalink | - | - |
 
 
Comments:
Leave a comment:






TrackBack URL:
http://dokusyataisyo.jugem.jp/trackback/305
TrackBacks:
私は誰も愛したことがない。 男性とおつきあいした経験はあっても、「そこに愛があるのかい?」と少し昔のドラマの台詞みたいなことを問われると、「あるよ」と断言できる自信がない。 過去の恋愛は終わったことだ。今更
trackback by: ぱんどら日記 | 2006/07/20 3:39 PM
風に舞いあがるビニールシート  感想☆☆☆ 森絵都 文芸春秋  前回の直木賞受賞作で、  ようやく読めました。  表題作「風に舞いあがるビニールシート」  など6つの中篇集です。  50ページ前後の作品がそろっていて、  これだけ中篇が並んだ本を読む
trackback by: ハムりんの読書 感想日記 おすすめの本 | 2006/10/12 11:59 PM
森絵都さんの最新作『風に舞いあがるビニールシート』です。 ひとつの事にすべてをかけている人々。その頑張る姿や晴れやかさが心に残る一冊でした。 ちなみに6つの短篇が収められています。 特に国連難民高等弁務館事務所・UNHCRに勤める女性がかつて夫だっ
trackback by: 今更なんですがの本の話 | 2006/11/27 6:14 PM
 垢抜けない服を着て、曲がり角をすぎた素肌をさらし、スケジュール帳には恐らくクリ
trackback by: COCO2のバスタイム読書 | 2006/12/02 1:16 PM
タイトル:風に舞いあがるビニールシート 著者  :森絵都 出版社 :文藝春秋 読書期間:2006/09/05 - 2006/09/07 お勧め度:★★★★ [ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ] 愛しぬくことも愛されぬくこともできなかった日々を、今日も思っている。大切な何かのた
trackback by: AOCHAN-Blog | 2007/01/16 10:13 PM
 
 

読者大賞blog

本屋大賞ならぬ読者大賞?を目指す投票ブログ。
※すみませんが、現在リンクなしトラックバックは
拒否しています。
ゴールデンスランバー 図書館危機 サクリファイス 有頂天家族 クジラの彼 悪人 映画篇 スロウハイツの神様(上) (講談社ノベルス) スロウハイツの神様(下) ミミズクと夜の王 (電撃文庫) 私の男 ジェネラル・ルージュの凱旋 鹿男あをによし 天と地の守り人〈第1部〉 (軽装版偕成社ポッシュ) 天と地の守り人〈第2部〉 (軽装版偕成社ポッシュ) 天と地の守り人〈第3部〉 (軽装版偕成社ポッシュ) 家日和 赤朽葉家の伝説 本泥棒 八日目の蝉 青い鳥 花宵道中 スコーレNo.4