<< [2006新刊]「強運の持ち主」瀬尾まいこ*prev
[2006新刊]「風に舞いあがるビニールシート」森絵都 >>*next
 

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author: スポンサードリンク
- | permalink | - | - |
 
 

[2006新刊]「ミーナの行進」小川洋子

2006年の新刊本ベストへのエントリです。

ミーナの行進
ミーナの行進
posted with 簡単リンクくん at 2006. 7. 2
小川 洋子著中央公論新社 (2006.4)通常24時間以内に発送します。


活字中毒日記!のトラキチさんからエントリいただきました。
トラキチさんの感想はこちらから。

読まれた方、トラックバックやコメントをいただけるとありがたいです。
author: ざれこ
2006年新刊本ベスト(エントリ作品) | permalink | comments(0) | trackbacks(7) |
 
 

スポンサーサイト

author: スポンサードリンク
- | permalink | - | - |
 
 
Comments:
Leave a comment:






TrackBack URL:
http://dokusyataisyo.jugem.jp/trackback/304
TrackBacks:
第42回谷崎潤一郎賞は、 「独特の文学的世界が構築されたすばらしい作品」と評価され、 小川洋子さんの「ミーナの行進」に決まりました。   受賞作「ミーナの行進」は、 1972年の芦屋の豪邸を舞台にいとこ同士の少女2人が、 病気や家族、時代が及ぼす不安に負け
trackback by: 及川的大人のブログ | 2006/08/26 7:39 PM
ミーナの行進発売元: 中央公論新社価格: ¥ 1,680発売日: 2006/04/22売上ランキング: 20169おすすめ度 posted with Socialtunes at 2006/11/14 友達が芦屋に住んでいる。その子は残念ながら?マンション住まいだが、 泊まりに行ったときに、「すごいよ」と誘われて
trackback by: 本を読む女。改訂版 | 2006/11/16 4:37 AM
ミーナの行進発売元: 中央公論新社価格: ¥ 1,680発売日: 2006/04/22 朋子は母親の事情で伯父家族の家で一年間くらすことになった。そこは今までの小さな日本家屋からは想像も出来ないほど素晴らしくキラキラしていた。大きくて素敵な洋館とコビトカバのポチ子、紳士
trackback by: まうの読書報告。 | 2006/12/08 8:53 AM
ミーナの行進posted with amazlet on 06.12.09 小
trackback by: ついてる日記? | 2006/12/17 9:42 AM
小川洋子さんの『ミーナの行進』です。 春先、この本が新刊に並んでいるのを見て、あれっ?この本はもっと昔からなかったっけと、私は変な錯覚をしていました。 原因は、分かってしまえばなんの事はない、読売新聞で一年に渡り連載されていて、そのタイトルと特徴のあ
trackback by: 今更なんですがの本の話 | 2006/12/18 10:31 PM
タイトル:ミーナの行進 著者  :小川洋子 出版社 :中央公論新社 読書期間:2006/11/27 - 2006/11/29 お勧め度:★★★★ [ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ] 美しくて、か弱くて、本を愛したミーナ あなたとの思い出は、損なわれることがない―懐かしい時代
trackback by: AOCHAN-Blog | 2007/01/16 10:12 PM
 小川洋子:著 『ミーナの行進』    図書館に予約してから約4ヵ月、  ようやく読むことができました {/onpu/}  ま、その間ほかの本をいっぱい読むことができたので、  あっという間ではありましたが。{/face_warai/}  舞台は1972年の芦屋。  中学生になる「
trackback by: miyukichin’mu*me*mo* | 2007/01/17 10:35 PM
 
 

読者大賞blog

本屋大賞ならぬ読者大賞?を目指す投票ブログ。
※すみませんが、現在リンクなしトラックバックは
拒否しています。
ゴールデンスランバー 図書館危機 サクリファイス 有頂天家族 クジラの彼 悪人 映画篇 スロウハイツの神様(上) (講談社ノベルス) スロウハイツの神様(下) ミミズクと夜の王 (電撃文庫) 私の男 ジェネラル・ルージュの凱旋 鹿男あをによし 天と地の守り人〈第1部〉 (軽装版偕成社ポッシュ) 天と地の守り人〈第2部〉 (軽装版偕成社ポッシュ) 天と地の守り人〈第3部〉 (軽装版偕成社ポッシュ) 家日和 赤朽葉家の伝説 本泥棒 八日目の蝉 青い鳥 花宵道中 スコーレNo.4