<< [映像化]「まひるの月を追いかけて」恩田陸*prev
男と女、本の好みはどれだけ違うのか?アンケート結果発表 >>*next
 

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author: スポンサードリンク
- | permalink | - | - |
 
 

[読め!]「官能小説家」高橋源一郎

この本を読め!へのエントリ作品です。
The Blog Is Deadのfaaaさんからいただきました。

官能小説家
官能小説家
posted with 簡単リンクくん at 2006. 6.24
高橋 源一郎著朝日新聞社 (2005.5)通常2-3日以内に発送します。


以下、全文掲載。元記事はこちら。

今回は読者大賞Blogの「この本を読め」にTBします。
 でも実を言えば、「この本を読め」というほどオススメかというと、ええとそれほどでもむにゃむにゃむにゃ…。
 ただTB先がどこにもないんです。だれも読んでないんです、あんなに有名なのに。読書好きならみんな知っているはずなのに。
 今回読んだ本は

『官能小説家』高橋源一郎

 高橋源一郎の名前は(多分)みんな知っていると思う。でも読んでいる人を見かけないのは何故だろう。幾つかよりも多い数のブログを覗いても記述なし。まぁ私も作家というよりは批評家というイメージが強かったりするが。みなさんはどうだろう、作品よりは評論家として有名な作家、そんな人の本は読まないだろうか。私もなんか作家に神性、いや処女性、ちがうな、純潔性かな、を求めてるとこがあってテレビのクイズ番組に出て漢字問題でラサール石井の後塵を拝する石田衣良のIWGPなんてあまり読もうと思わない。
 でも今年に入ってよけいに高橋源一郎の名は目にするもんだから、どのくらいっていうととくに新聞で村上春樹の同時代作家として引き合いにだされたりして、他にも伊坂幸太郎の『陽気なギャングが地球を回す』があらゆる媒体で頻繁に紹介されているとひねくれ者の私は同じ「ギャング」なんてタイトルが入っている『さようなら、ギャングたち』を書いた高橋源一郎が妙に気になってしまって、決定的だったのは河出書房の文芸誌『文藝』の高橋源一郎特集を立ち読みしたからだ。うん、面白かった。買っちゃった。このおっさん、すごいぜ。
 そしてここにいたり、ようやく私は作品に辿りつくわけです。でもいきなり買って失敗するのはいやなので図書館へ。古本屋で最新作『ミヤザワケンジ・グレーテストヒッツ』があったけど高かったから図書館へ。そしたらあったのは
『官能小説家』
『日本文学盛衰史』
『ゴーストバスターズ』他
 結局、タイトルで一番エロそうな『官能小説家』を選んだ。
 感想は、なんともいいようがない。説明ができない。しても多分わかってもらえない。だから読め。
 アラスジらしきは一応明治時代の話が2つ。でも明治時代なのにケータイもCDもワンルームマンションも登場する。もう1つは現代で高橋源一郎らしき「おれ」が一人称で出版業界を私生活を語るのだがここでもなぜか漱石っだたり鴎外だったりが登場してくる。じゃあSFかといえばそうでもない。もうフィクションとノンフィクションの境が崩れてぐしゃぐしゃなんです。章ごとに色々な書き方をしてあるし、なんか勉強にはなるのだけれど、お買い得品でコーヒー味とかイチゴやレモン味が入っている袋詰めキャンディみたいな文体袋詰め小説な感じ。しかしこの本、非常に読みやすい。日本語が立て板に流れる水のように読める。内容に疑問を持ちながらも最後まで読めるだろう。壊れた構成とイージーな日本語が同居したおちゃらけ小説。物見遊山として1度読みましょう。多分、感想は難しいだろうことを約束する。
 案外、どの小説でも同じ感想を持つかも。
 だから、この小説ではない、高橋源一郎を読め。
---------------------------------------------------------------------
 とここまで書きながら、実はまだ最後まで読んでいない。半分も読んでない。
 最後まで読むとまた感想は変わるかもしれない。
 いい加減だがこれでいいのだ。
 高橋源一郎は言っている。
「だいたいでいいじゃない」と。
author: ざれこ
企画10:この本を読め!(エントリ作品) | permalink | comments(0) | trackbacks(2) |
 
 

スポンサーサイト

author: スポンサードリンク
- | permalink | - | - |
 
 
Comments:
Leave a comment:






TrackBack URL:
http://dokusyataisyo.jugem.jp/trackback/300
TrackBacks:
初めまして、いつも楽しく拝見しています。この度「『インストールセックス』でイカせまくる!女をSEXの虜にする究極のセックステクニック〜清楚な人妻も泣き狂った『インストールセックス』の全て〜【松尾啓司】でセックスを楽しむのはあなた?」というサイトを作りま
trackback by: 『インストールセックス』でイカせまくる!女をSEXの虜にする究極のセックステクニック〜清楚な人妻も泣き | 2007/03/24 12:53 PM
瀬戸内寂聴さんは徳島県徳島市瀬戸内家に生まれる。東京女子大学在学中に結婚し、夫の教え子と恋に落ち、夫と長女を残し家を出る。正式に離婚をしたのち、上京して本格的に小説家を目指すようになった。その小説の作品、1956年、「女子大生・曲愛玲」が新潮社同人雑...
trackback by: 瀬戸内寂聴を知ろう@情報ブログ | 2007/03/26 9:15 PM
 
 

読者大賞blog

本屋大賞ならぬ読者大賞?を目指す投票ブログ。
※すみませんが、現在リンクなしトラックバックは
拒否しています。
ゴールデンスランバー 図書館危機 サクリファイス 有頂天家族 クジラの彼 悪人 映画篇 スロウハイツの神様(上) (講談社ノベルス) スロウハイツの神様(下) ミミズクと夜の王 (電撃文庫) 私の男 ジェネラル・ルージュの凱旋 鹿男あをによし 天と地の守り人〈第1部〉 (軽装版偕成社ポッシュ) 天と地の守り人〈第2部〉 (軽装版偕成社ポッシュ) 天と地の守り人〈第3部〉 (軽装版偕成社ポッシュ) 家日和 赤朽葉家の伝説 本泥棒 八日目の蝉 青い鳥 花宵道中 スコーレNo.4