<< [読め!]「カタブツ」沢村凛*prev
[文庫本]ベスト投票結果発表。 >>*next
 

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author: スポンサードリンク
- | permalink | - | - |
 
 

[読め!]「坂の上の雲」司馬遼太郎

坂の上の雲 1
司馬 遼太郎著
文芸春秋 (1999.1)
通常24時間以内に発送します。


アリスさんお薦めありがとうございました。
アリスさんのコメント全文掲載します。

企画主旨通り「ちょっと人様には勧めずらい・・・」の代表のような本です。まず、そのテーマが堅苦しい「日露戦争」を扱っていること。

私自身、日本史は嫌いではないのですがこの近代は、どうも戦争の始まりつつあるある時代という嫌悪感、日清戦争?三国干渉?なにそれ?と思うぐらいこの時代の知識が皆無でした。

そのテーマが文庫にして延々と8冊!!

どんなに素晴らしい本でも人様に声を大にして「さあ読め、やれ読め」とは勧めにくい部分があります。

しかし、史実だけがもつ本物の緊張感、その時代を生き抜いていた多くの素晴らしい人々、そしてその人と人のつながり。

シンプルな言葉で綴られたからこそぐっと奥底まで残る文章とその余韻。

あまりにも部分部分が良すぎて、この話しのお勧めはここ!とばっと上げられないのがもどかしいほどです。

初版から何度も重ねて発行されてきた『坂の上の雲』いくつもの時代を越えて読み継がれる作品にはそれだけの強い力があるということを思い知らされる1冊でした。

残念なのは学生の自分にこの作品と出会っていたらもっと日本史の成績が良かっただろうと悔やまれるばかりです。
author: ざれこ
企画10:この本を読め!(エントリ作品) | permalink | comments(1) | trackbacks(1) |
 
 

スポンサーサイト

author: スポンサードリンク
- | permalink | - | - |
 
 
Comments:
こんにちは。
私もアリスさんに大賛成で、『坂の上の雲』は「読め!」と強くオススメしたい本です。
泣いて、怒って、感動してと、こんなに感情を揺さぶられた本は、今までになかったですから。
comment by: kohkou | 2006/05/29 11:50 PM
Leave a comment:






TrackBack URL:
http://dokusyataisyo.jugem.jp/trackback/290
TrackBacks:
坂の上の雲〈1〉発売元: 文藝春秋価格: ¥ 620発売日: 1999/01売上ランキング: 823おすすめ度 posted with Socialtunes at 2006/05/23 文庫で全8巻。長いです。読破には気合がいりますが、面白いから大丈夫。 私は母に薦められて読み始めました。 明治のはじ
trackback by: 本を読む女。改訂版 | 2006/05/23 12:34 AM
 
 

読者大賞blog

本屋大賞ならぬ読者大賞?を目指す投票ブログ。
※すみませんが、現在リンクなしトラックバックは
拒否しています。
ゴールデンスランバー 図書館危機 サクリファイス 有頂天家族 クジラの彼 悪人 映画篇 スロウハイツの神様(上) (講談社ノベルス) スロウハイツの神様(下) ミミズクと夜の王 (電撃文庫) 私の男 ジェネラル・ルージュの凱旋 鹿男あをによし 天と地の守り人〈第1部〉 (軽装版偕成社ポッシュ) 天と地の守り人〈第2部〉 (軽装版偕成社ポッシュ) 天と地の守り人〈第3部〉 (軽装版偕成社ポッシュ) 家日和 赤朽葉家の伝説 本泥棒 八日目の蝉 青い鳥 花宵道中 スコーレNo.4