<< [映像化]「容疑者Xの献身」東野圭吾*prev
2005年新刊本ベスト、結果発表。 >>*next
 

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author: スポンサードリンク
- | permalink | - | - |
 
 

[映像化]「孤宿の人」宮部みゆき

映像化してほしい本へのエントリです。

ぱんどら日記さんからです。

ぱんどらさんの考える配役はこちら。以下引用。

ちなみに【孤宿の人】を読んで
私が勝手にキャスティングしたのは、

 啓一郎 …… 堤真一さん
 舷洲 …… 原田芳雄さん
 琴江 …… 木村多江さん
 美弥 …… 松下奈緒さん
 一馬 …… 沢村一樹さん
 宇佐 …… 佐藤江梨子さん

※ これは、あくまでも私の想像上のことであり、
この本が映画化されるという話ではありません。
どうか誤解のないようにお願いします。


いちばん重要な役は
ほうという名の少女なんですが、

いま子役で人気があるのは
美山加恋ちゃんあたりでしょうが、
あの子だと、ちょっとイメージ違うんだな……

ほうという子は、不幸な境遇で生まれ、
ろくに読み書きも教わらずに育って、
「阿呆の『ほう』」なんて言われ方をしますが、

本当は賢くて、純粋な心を持った少女なんですね。

その役柄を演じる子役が、
いかにも「おりこうです」って感じでは、
ちょっと違うし、
さりとて丸っきりのバカでも困るし、

いっそのことオーディションでも
しちゃおうかな……などとも思ったりして。

※ 繰り返しますが、
これは、あくまでも私のアホな想像上のことで、
この本が映画化されるという話ではありません。
くれぐれも誤解のないように。
オーディションなんかないですから!
私に履歴書とか送ってこないでくださいね。
(だれが送るか!)
author: ざれこ
企画9:映像化してほしい本(エントリ作品) | permalink | comments(3) | trackbacks(1) |
 
 

スポンサーサイト

author: スポンサードリンク
- | permalink | - | - |
 
 
Comments:
【ぱんどら日記】の記事をご紹介くださいまして
誠にありがとうございます♪

私はテレビをつけっぱなしで本を読むクセがあるので、
この配役は、そのときテレビで放送されていたドラマに
かなり影響されているかもしれません……。

たぶんクサナギツヨシがIT系の社長を演じたやつ(笑)。

ざれこ様、私のブログにトラックバックができないとのことで、
こちらでブログの設定を確認しまして、
今はトラックバックできる状態に戻っております。

今後ともよろしくどうぞ♪


comment by: ぱんどら | 2006/02/27 2:11 PM
きょうごろうが宇佐でざれこが宇佐へざれこで少女へ誤解するつもりだった。
ちなみにざれこでお願いしたの?
comment by: BlogPetのごろう | 2006/03/04 10:52 AM
賢くて境遇や、純粋と境遇とかを読み書きしなかった?


comment by: BlogPetのごろう | 2006/03/11 10:42 AM
Leave a comment:






TrackBack URL:
http://dokusyataisyo.jugem.jp/trackback/281
TrackBacks:
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
trackback by: - | 2007/02/23 7:15 PM
 
 

読者大賞blog

本屋大賞ならぬ読者大賞?を目指す投票ブログ。
※すみませんが、現在リンクなしトラックバックは
拒否しています。
ゴールデンスランバー 図書館危機 サクリファイス 有頂天家族 クジラの彼 悪人 映画篇 スロウハイツの神様(上) (講談社ノベルス) スロウハイツの神様(下) ミミズクと夜の王 (電撃文庫) 私の男 ジェネラル・ルージュの凱旋 鹿男あをによし 天と地の守り人〈第1部〉 (軽装版偕成社ポッシュ) 天と地の守り人〈第2部〉 (軽装版偕成社ポッシュ) 天と地の守り人〈第3部〉 (軽装版偕成社ポッシュ) 家日和 赤朽葉家の伝説 本泥棒 八日目の蝉 青い鳥 花宵道中 スコーレNo.4