<< [新刊本]「蒲公英草紙−常野物語」恩田陸*prev
[新刊本]「犬はどこだ」米澤穂信 >>*next
 

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author: スポンサードリンク
- | permalink | - | - |
 
 

[新刊本]「沼地のある森を抜けて」梨木香歩

沼地のある森を抜けて
梨木 香歩著
新潮社 (2005.8)
通常2-3日以内に発送します。


月灯茶会別館の羽鳥さんからのエントリです。
羽鳥さんの感想はこちら
author: ざれこ
2005年新刊本ベスト(エントリ作品) | permalink | comments(0) | trackbacks(2) |
 
 

スポンサーサイト

author: スポンサードリンク
- | permalink | - | - |
 
 
Comments:
Leave a comment:






TrackBack URL:
http://dokusyataisyo.jugem.jp/trackback/254
TrackBacks:
梨木香歩著 新潮社 2005 言っちゃいます!もう言っちゃいますよ!(ずっと言いたかった。) ベストでしょうー今年の!!少なくても私の中では今年ベスト1です。 とにかくすごい!すごい小説です。 「ぬか」ですよ? ぬかづけのの「ぬか」からこんな話が
trackback by: よむみるひび | 2005/12/31 9:22 AM
女性の文学作品を対象とした「第16回紫式部文学賞」は、 「奇怪な世界を綿密に論理的に追求しており 不思議な構成力がある」と評価され、 梨木香歩さんの「沼地のある森を抜けて」に決まりました。   受賞作「沼地のある森を抜けて」は、 先祖伝来の「ぬか床」の
trackback by: 及川的大人のブログ | 2006/08/21 7:20 PM
 
 

読者大賞blog

本屋大賞ならぬ読者大賞?を目指す投票ブログ。
※すみませんが、現在リンクなしトラックバックは
拒否しています。
ゴールデンスランバー 図書館危機 サクリファイス 有頂天家族 クジラの彼 悪人 映画篇 スロウハイツの神様(上) (講談社ノベルス) スロウハイツの神様(下) ミミズクと夜の王 (電撃文庫) 私の男 ジェネラル・ルージュの凱旋 鹿男あをによし 天と地の守り人〈第1部〉 (軽装版偕成社ポッシュ) 天と地の守り人〈第2部〉 (軽装版偕成社ポッシュ) 天と地の守り人〈第3部〉 (軽装版偕成社ポッシュ) 家日和 赤朽葉家の伝説 本泥棒 八日目の蝉 青い鳥 花宵道中 スコーレNo.4