<< [人生本]11月14日までのエントリ*prev
[恋愛小説]「サヨナライツカ」辻仁成 >>*next
 

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author: スポンサードリンク
- | permalink | - | - |
 
 

[恋愛小説]11月14日までのエントリ

企画としてはじめました恋愛小説のベスト。
現在、以下のエントリが届いてます。
引き続き、エントリお待ちしています。エントリはこちらから。
期限は11月末までとします。

11月14日現在のエントリ。
↓のうち読んだ本とかありましたら、トラックバックとか下さったら、
他の方の参考になると思います。よろしくお願いします。

「ウエハースの椅子」江國香織
「神様のボート」江國香織
「ニシノユキヒコの恋と冒険」川上弘美
「溺レる」川上弘美
「パイロットフィッシュ」大崎善生
「世界の終りとハードボイルドワンダーランド」村上春樹
「そのときは彼によろしく」市川拓司
「嗤う伊右衛門」京極夏彦
「虞美人草」夏目漱石
「恋文」連城三紀彦
「サヨナライツカ」辻仁成
author: ざれこ
企画6:恋愛小説ベスト | permalink | comments(0) | trackbacks(2) |
 
 

スポンサーサイト

author: スポンサードリンク
- | permalink | - | - |
 
 
Comments:
Leave a comment:






TrackBack URL:
http://dokusyataisyo.jugem.jp/trackback/238
TrackBacks:
神様のボート 江国香織 新潮文庫 うん〜あんまり好きな文体じゃないです。 たぶん江国さんの読者は女性の方が大半なのだと思います。 新潮文庫の100冊に入ってたし、著名なので読んでみました。 明日は僕が一番好きな作家の本です。 尚、紹介してい
trackback by: 大学生活クロニクル | 2005/11/18 9:51 PM
虞美人草虞美人草(ぐびじんそう)は、ヒナゲシの別名。----『虞美人草』(ぐびじんそう)は、夏目漱石の小説の題名。初出は1907年で、朝日新聞上に連載された。彼が職業作家として執筆した第一作で、一字一句にまで腐心して書かれたという。.wikilis{font-size:10px;co
trackback by: 日本の文学・小説集め | 2005/12/11 11:17 AM
 
 

読者大賞blog

本屋大賞ならぬ読者大賞?を目指す投票ブログ。
※すみませんが、現在リンクなしトラックバックは
拒否しています。
ゴールデンスランバー 図書館危機 サクリファイス 有頂天家族 クジラの彼 悪人 映画篇 スロウハイツの神様(上) (講談社ノベルス) スロウハイツの神様(下) ミミズクと夜の王 (電撃文庫) 私の男 ジェネラル・ルージュの凱旋 鹿男あをによし 天と地の守り人〈第1部〉 (軽装版偕成社ポッシュ) 天と地の守り人〈第2部〉 (軽装版偕成社ポッシュ) 天と地の守り人〈第3部〉 (軽装版偕成社ポッシュ) 家日和 赤朽葉家の伝説 本泥棒 八日目の蝉 青い鳥 花宵道中 スコーレNo.4