*prev
文庫本ベスト >>*next
 

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author: スポンサードリンク
- | permalink | - | - |
 
 

2005年発売の新刊本ベスト

この記事では、2005年に発売された本で、あなたが面白いと思った本を
最高3冊まで挙げてもらいたいと思います。
トラックバックでもコメントでもどちらでもかまいませんし、
1冊ずつでもかまいません。

・・えーい。(10月12日)変更。お一人様5冊までとします。

こちらにトラックバックをいただいたエントリーにつき、
1冊につき1記事を作ります。
なので、すでに記事がある本を挙げるのは、なるべく避けて下さい。

じゃあ先に挙げられたら挙げられへんやんか、って思うでしょうが、
そんな場合はトラックバックやコメントを送っていただけると嬉しいです。

また、2005年以前の発売だったことがわかった場合は、
「人生ベスト本」のところにノミネートさせてもらいます。
でもチェックが面倒なんで、なるべくでしたら刊行年を調べてからご投稿下さい。

それでは、よろしくお願いします。トラックバック&コメントは↓へ。

12月24日現在のエントリリスト
どれか忘れてはないですか?

「告白」町田康
「死神の精度」伊坂幸太郎
「SPEED」金城一紀
「シリウスの道」藤原伊織
「容疑者Xの献身」東野圭吾
「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」リリー・フランキー
「厭世フレーバー」三羽省吾
「バースト・ゾーン −爆裂地区−」吉村萬壱
「風味絶佳」山田詠美
「女王様と私」歌野晶午
「サウス・バウンド」奥田英朗
「ハルカ・エイティ」姫野カオルコ
「ベルカ、吠えないのか? 」古川日出男
「ポーの話」いしいしんじ
「ユージニア」恩田陸
「オテルモル」栗田有起
「孤宿の人」宮部みゆき
「てるてるあした」加納朋子
「蒲公英草紙−常野物語」恩田陸
「沼地のある森を抜けて」梨木香歩
「犬はどこだ」米澤穂信
「この本が、世界に存在することに」角田光代
「最後の願い」光原百合
「肝、焼ける」朝倉かすみ
「ナラタージュ」島本理生
「クドリャフカの順番」米澤穂信
author: ざれこ
2005年新刊本ベスト | permalink | comments(15) | trackbacks(24) |
 
 

スポンサーサイト

author: スポンサードリンク
- | permalink | - | - |
 
 
Comments:
刊行年は2005年ですら(^.^)
今年はこれに尽きますね。
多分雑誌ダカーポあたりで年末高評価でしょう。
このミスだけではわからない名作ですね。
comment by: 聖月 | 2005/07/28 7:52 PM
2005年発売の新刊本ベストに「シリウスの道」でエントリさせていただきます。
comment by: nemuri_neco | 2005/08/07 5:39 PM
2005年発売の新刊本ベストに、東野圭吾さんの最新刊『容疑者Xの献身』をエントリさせていただきます。
comment by: nemuri_neco | 2005/08/27 11:16 AM
『犬はどこだ』は、まだおいてきぼり。
とりあえずは『厭世フレーバー』(^O^)/

自分のベスト本と、投票本って、なんか微妙に違うんですよね(^^ゞ
comment by: 聖月 | 2005/09/03 10:33 PM
『バースト・ゾーン』
これで今年の三作は決まり(^.^)
comment by: 聖月 | 2005/09/17 4:34 PM
歌野晶午さんの「女王様と私」をエントリさせていただきました。
「面白い」と思ったかどうかは、不明です。
読み終わった後は、ポカーンとしてしまって、当たり前の感想が沸いて来なかったのです。
ただ、不思議な魅力が漂っていました。

「ダ・ヴィンチ」によると、歌野さんはギャル語習得のために
この年頃の子が集まるチャットにも潜入したそうです。
主人公の「オタク」ぶりは、その道の専門家から「違う!」と真っ向否定されたみたいですが…。

色々な人に薦めたい本というわけではないのですが、
色々な人がこの本を読んでどんな感想を持つのかを知りたくて
取り上げてみました。

よろしくお願いします。
comment by: nemuri_neco | 2005/10/13 3:05 PM
わー、さっき間違えて違う記事にトラバしました。
ごめんなさい…こっちですね。
あと4冊やっていいんですよね?ですよね?(不安気)
comment by: chiekoa | 2005/11/08 4:46 PM
えーと、すでにエントリーされている
「容疑者Xの献身」「オテルモル」「ユージニア」「ベルカ、吠えないのか?」にも、
応援コメントをささげます!
comment by: ゆうき | 2005/12/05 12:42 AM
新刊本ベストに梨木香歩さんの『沼地のある森を抜けて』と
恩田陸さんの『蒲公英草紙』をエントリーさせて戴きます。
エントリー済のいしいしんじさんの『ポーの話』も応援しております。
comment by: 羽鳥 | 2005/12/20 8:15 PM
 まだ出ていない光原百合さんの「最後の願い」をエントリー
します。演劇の世界を舞台にして日常系のミステリーを展開。
え?そんな作家知らないよ〜!なんていう方には是非是非、
読んで頂きたいです。きっと今まで読まなかったことを後悔
するに違いないですから。
comment by: みっくん | 2005/12/24 10:03 PM
 僕のブログに感想載せてないので・・・替わりに僕の
思いを十二分に代弁してくれているお知り合いの感想を
トラックバックします。これ以上の内容はなかなか難しいです。
すみません、コメントとトラックバック別れていると思ったので
連続で書きました。
comment by: みっくん | 2005/12/24 10:12 PM
皆様
ろくにコメントもできずごめんなさい。たくさんのエントリ感謝しています。
正月明けから早速投票始めちゃいますので、挙がってる作品は
投票用にがんがん読んでいってもらえたら嬉しいです。
comment by: ざれこ | 2005/12/25 2:05 AM
「めっちゃ面白そう〜」と思い、考えましたが、なかなか難しいですねぇ。
初参加ですが、T.B.してみます。
よろしくお願いします。

既に出ている
『「この本が、世界に存在することに」角田光代』にも1票!
comment by: ☆すぅ☆ | 2005/12/27 12:05 AM
あっ、出てました!!(・o・;)

「死神の精度」伊坂幸太郎に1票!

comment by: ☆すぅ☆ | 2005/12/27 12:08 AM
島本さんのナラタージュ出てませんか??

もうー号泣しましたよー
comment by: キリカ | 2005/12/28 12:45 AM
Leave a comment:






TrackBack URL:
http://dokusyataisyo.jugem.jp/trackback/2
TrackBacks:
 町田康の傑作、ここに極まれりである。676頁を費やした大作、本書『告白』の中で作者が何を描いているのかというと、ただただ明治を舞台にした河内十人斬りという事件の終末へ向けて、主人公熊太郎の生き様を描写しているだけなのである。人が十人惨殺される事実のた
trackback by: 「本のことども」by聖月 | 2005/07/28 7:48 PM
「(非公認)読者大賞blog」の「2005年新刊本ベスト」にエントリする作品を決めました。 2005年新刊本MyBest-上期-1位作品名:シリウスの道作者:藤原伊織出版社:文藝春秋ISBNコード:4163240209内容:主人公を取り...
trackback by: Gotaku*Log | 2005/08/07 5:33 PM
藤原伊織さんの「シリウスの道(ISBN:4163240209)」を読了。内容紹介 東京の大手広告代理店の営業部副部長・辰村祐介は子供のころ大阪で育ち、明子、勝哉という二人の幼馴染がいた。この三人の間には、決して人には言...
trackback by: Gotaku*Log | 2005/08/07 5:34 PM
東京タワー リリー・フランキー著 扶桑社 (2005.6) オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る それはまるで、独楽の芯のようにきっちりと、ど真ん中に突き刺さっている。 東京の中心に。日本の中心に。ボクらの憧れの中心に。
trackback by: 月乃春水 ツキノ・ハルミ 本のこと あれこれ | 2005/08/25 9:55 PM
東野圭吾さんの最新刊『容疑者Xの献身』を読了。奥付けでは8月30日発行となっていますが、当地のような田舎でも平積みされているぐらいですから、全国の書店で販売が始まっているものと思われます。「天才なんて言葉...
trackback by: Gotaku*Log | 2005/08/27 11:14 AM
 期せずして傑作を読んでしまった。本書『厭世フレーバー』は、ユーモア風味溢れる家族小説の傑作である。  デビュー作であり第8回小説新潮長篇新人賞を受賞した◎『太陽がイッパイいっぱい』も、オカシミ&ユーモア溢れる青春小説として中々楽しかったのだが、い
trackback by: 「本のことども」by聖月 | 2005/09/03 10:31 PM
バースト・ゾーン―爆裂地区 吉村 萬壱 / 早川書房 スコア選択:  ダラダラの話を始める前に最初に言っておくが、本書は凄い、本書は傑作である、読むべしなのである・・・が、
trackback by: 「本のことども」by聖月 | 2005/09/17 4:33 PM
歌野晶午さんの「女王様と私」を読了。出版社 / 著者からの内容紹介真藤数馬は冴えないオタクだ。無職でもちろん独身。でも「引きこもり」ってやつじゃない。週1でビデオ屋にも行くし、秋葉原にも月1で出かけてる。今...
trackback by: Gotaku*Log | 2005/10/13 2:48 PM
 ページを繰る手が止まらない一気読みの一冊である。大傑作である。主人公に悩みの種はないわけじゃないけれど、冒険して成長してどこかボケっとしていて、そして読む者の心を弾ませてくれる。久々の快読。心地良い読書タイム。◎◎『雨にもまけず粗茶一服』松村栄子以
trackback by: 「本のことども」by聖月 | 2005/10/27 7:50 PM
風味絶佳発売元: 文藝春秋価格: ¥ 1,290発売日: 2005/05/15売上ランキング: 3,854posted with Socialtunes at 2005/10/14 友達の誕生日に贈るべく購入。先に読んでいいというので、 カバーをはずして汚さないように読み始める。 (ちなみにカバーをはずしてもこ
trackback by: 本を読む女。改訂版 | 2005/11/08 2:09 PM
ハルカ・エイティ姫野 カオルコ 文藝春秋 2005-10-14 戦前、戦中、戦後をごく平凡に、だが常に前向きに生きたひとりの女性の物語。 読み終わって…というか、読んでいる間からずっと、なんてすばらしいんだ!と思っていました。もういろんな人に読んで!って勧めて
trackback by: + ChiekoaLibrary + | 2005/11/08 4:45 PM
ベルカ、吠えないのか?古川 日出男 文藝春秋 2005-04-22 第二次世界大戦末期、日本軍によってキスカ島に残された四頭の軍用犬。人間に、そして時代に翻弄されながらも、子孫を増やし、生き抜いていく犬たち。時にすれ違い、時に交わりながら世界中に散っていく彼らは
trackback by: + ChiekoaLibrary + | 2005/11/08 4:49 PM
ポーの話いしい しんじ新潮社 2005-05-28 うまくあらすじとかが書けません。タイトルどおり、これは、ほんとうに、ただ、ポーの話。 「うなぎ女」の子ども、ポー。ポーは、ちいさな子どもです。まだ何も知らない男の子です。ほんとうの悲しみも、罪悪感も知らない
trackback by: + ChiekoaLibrary + | 2005/11/08 4:50 PM
ユージニア恩田 陸角川書店 2005-02-03 まず最初に…これから読まれる方がいたら、いろんな書評とか感想とかあらすじ紹介とか、そういう予備知識はゼロで読むことをオススメします。そして、夏の暑い日に読むのがいいと思います。私もその状態で読んで、さらに図書館
trackback by: + ChiekoaLibrary + | 2005/11/08 4:51 PM
オテルモル栗田 有起集英社 2005-03 姪っ子の美亜とその父親と、三人で暮らしている希里。彼女が就職を決めた先は「オテル・ド・モル・ドルモン・ビアン」。勤務時間は日没から日の出まで。地下にあるその不思議な会員制ホテルで彼女は…。 なんだか、いやにおもし
trackback by: + ChiekoaLibrary + | 2005/11/08 4:52 PM
孤宿の人 上宮部 みゆき 新人物往来社 2005-06-21by G-Tools 孤宿の人 下宮部 みゆき 新人物往来社 2005-06-21by G-Tools 好きな作家さんほど、期待しすぎて失敗する…。という経験を繰り返しているので、読む前に、期待しすぎてはいけない、と、何度も自分に言い聞
trackback by: IN MY BOOK by ゆうき | 2005/12/05 12:28 AM
てるてるあした加納 朋子幻冬舎 2005-05by G-Tools ★★★★★ ネタバレ警報! 一生懸命勉強して、やっと念願の高校合格を果たした照代は、その高校に入学することなく、夜逃げをすることになってしまいます。浪費壁のある母親と、車好きの父親が作った借金が、
trackback by: IN MY BOOK by ゆうき | 2005/12/05 12:35 AM
『ポーの話』 いしいしんじ 著、新潮社 刊 「そらは、でかいはしなのです」  
trackback by: 月灯茶会別館 | 2005/12/20 7:30 PM
(非公認)読者大賞blogさんの2005年発売の新刊本ベストへエントリーしようと思って5冊までのくくりで考えてみたものの、今年はあんまり国内作家の新刊を読んでいないことに気がついて
trackback by: 日々雑景 | 2005/12/20 7:31 PM
『沼地のある森を抜けて』 梨木香歩 著、新潮社 刊  ──ちょうどよかった。教
trackback by: 月灯茶会別館 | 2005/12/20 8:17 PM
『蒲公英草紙─常野物語』 恩田陸 著、集英社 刊  自分が幸せであった時期は、その時にはわかりません。こうして振り返ってみて初めて、ああ、あの時がそうだったのだと気
trackback by: 日々雑景 | 2005/12/20 8:18 PM
5編に住む主人公たちが好き! hReview by ☆すぅ☆ , 2005/12/20 肝、焼ける 朝倉 かすみ 講談社 2005-11  山田詠美が「文句なし。この作者は、ある種の男性から敬遠され、ある種の女性から熱烈に愛される小説を書いて行く人だと思う」と絶賛。 なる
trackback by: 「女流作家」の楽しみ方! | 2005/12/27 12:22 AM
クドリャフカの順番―「十文字」事件発売元: 角川書店価格: ¥ 1,680発売日: 2005/07売上ランキング: 6,424おすすめ度 posted with Socialtunes at 2005/12/15 古典部シリーズ第3弾。これまでの2作はスニーカー文庫として出版され、今年の夏に通常の角川文庫から、装
trackback by: おもひでブルージー | 2005/12/29 6:11 PM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
trackback by: - | 2007/05/11 6:01 AM
 
 

読者大賞blog

本屋大賞ならぬ読者大賞?を目指す投票ブログ。
※すみませんが、現在リンクなしトラックバックは
拒否しています。
ゴールデンスランバー 図書館危機 サクリファイス 有頂天家族 クジラの彼 悪人 映画篇 スロウハイツの神様(上) (講談社ノベルス) スロウハイツの神様(下) ミミズクと夜の王 (電撃文庫) 私の男 ジェネラル・ルージュの凱旋 鹿男あをによし 天と地の守り人〈第1部〉 (軽装版偕成社ポッシュ) 天と地の守り人〈第2部〉 (軽装版偕成社ポッシュ) 天と地の守り人〈第3部〉 (軽装版偕成社ポッシュ) 家日和 赤朽葉家の伝説 本泥棒 八日目の蝉 青い鳥 花宵道中 スコーレNo.4