<< [装丁本]装丁本ベスト投票結果発表*prev
[恋愛小説]「世界の終りとハードボイルドワンダーランド」村上春樹 >>*next
 

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author: スポンサードリンク
- | permalink | - | - |
 
 

企画6(恋愛小説ベスト)

新企画、恋愛小説のベスト本。

私、常々不思議に思ってましたが、
本ブログ運営されてる方で「セカチュー」読んで感想を書いてる方が少ない。
あれだけ世間では大ベストセラーなのに、本を読む人は読んでいない?
(もしくは、読んでも評価していない?)
※ちなみに私は話題に乗るために読みました。

じゃあですよ、普段本を読む人達が選ぶ、いい恋愛小説ってどんなの?と
思って立ち上げた企画。

ちょっとオトナな感じの本が集まればいいなと思ってます。
あ、もちろんセカチューでもいいんですよ?

エントリよろしくお願いします。お一人様3冊までとします。

〆切は、1月15日までに延長しました。

今までのエントリ。
12月28日現在

「ウエハースの椅子」江國香織
「神様のボート」江國香織
「ニシノユキヒコの恋と冒険」川上弘美
「溺レる」川上弘美
「パイロットフィッシュ」大崎善生
「世界の終りとハードボイルドワンダーランド」村上春樹
「そのときは彼によろしく」市川拓司
「嗤う伊右衛門」京極夏彦
「虞美人草」夏目漱石
「恋文」連城三紀彦
「サヨナライツカ」辻仁成
「ナラタージュ」島本理生
「赤い竪琴」津原泰水
「イトウの恋」中島京子
「あなたのそばで」野中柊

author: ざれこ
企画6:恋愛小説ベスト | permalink | comments(4) | trackbacks(17) |
 
 

スポンサーサイト

author: スポンサードリンク
- | permalink | - | - |
 
 
Comments:
一気に出し尽くしました。
私はこんな大人の恋がしたかった。粋な恋がしたかった。
でも素敵な結婚したからそれでいいのだ。
生まれ変わったら?また今の嫁さんと結婚します(キッパリ!)

でもこうやって眺めると・・・好きになる話より、断然好かれるような話が好きですね。ほのかな好意を主人公が感じるような。
comment by: 聖月 | 2005/10/12 7:43 PM
川上弘美ファンとしては
 屮縫轡離罐ヒコの恋と冒険」
◆崚レる」
ですかね。
そしてもう一冊、
2凸權石「虞美人草」

セカチューも電車も実は読んでなくて。
前評判で「泣ける!」とか「悲恋」とか書かれると読む気がしない。。。
comment by: chihana | 2005/10/13 8:31 PM
大変遅くなりましたけど、新年明けましておめでとうございます♪
さっそく3冊、TBさせていただきました。
本宅にセカチューの感想があります(ちゃんと読んで書きましたよー)。
個人的には『きみの知らないところで世界は動く』のがセカチューよりいいと思いますが。
comment by: 七生子 | 2006/01/07 11:16 AM
「嗤う伊右衛門」京極夏彦
ちょっとキモいところもあるけど深い恋愛小説だと思います。

セカチューは勘弁してください……。

理由はロジックではなく単純に生理的なものです。

セカチューという語感からして拒否反応(^_^;)



comment by: ぱんどら | 2006/01/07 11:23 AM
Leave a comment:






TrackBack URL:
http://dokusyataisyo.jugem.jp/trackback/178
TrackBacks:
2005年版聖月大賞受賞作品  なんと言えばいいのだろう。本書『そのときは彼によろしく』には、評者の好きなものが全部内包されていると言えばいいのか・・・ソフトでハードボイルドで切なくて甘くて愛らしくて沁みる幸せと言い直せばいいのか・・・今年読んだ本の中
trackback by: 「本のことども」by聖月 | 2005/10/12 7:35 PM
「聖の青春」「将棋の子」と透明度の高いノンフィクション作品でヒットを飛ばしてきた著者大崎善生の手による小説である。いかがなものかと思って読みだしたのだが、これが素晴らしい。ページを繰る手を止めさせない、一気読みの秀作である。その文体は、前2作を超える
trackback by: 「本のことども」by聖月 | 2005/10/12 7:36 PM
既評『海辺のカフカ』で村上春樹を初めて読んで気に入った評者は、さて次の村上春樹作品は何にしようと考えていた。そこらへんのお話を少し掲示板で交わしたら、リンク先の苗村屋さんと四季さんから早速、ちょっと古い作品ですが本書『世界の終りとハードボイルド・ワン
trackback by: 「本のことども」by聖月 | 2005/10/12 7:39 PM
神様のボートposted with 簡単リンクくん at 2005.10.13江国 香織著新潮社 (2002.7)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る だいぶ昔に書いた感想で短いですが、以下。 私の恋愛小説ベスト1かもしれません。むっちゃ痛いけど。
trackback by: 本を読む女。改訂版 | 2005/10/13 12:30 AM
嗤う伊右衛門posted with 簡単リンクくん at 2005. 6.17京極 夏彦 / 京極 夏彦〔著〕角川書店 (2001.11)通常2〜3日以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る 映画を観るだいぶ前に読みました。 そのあと映画も観ました。原作に忠実な映画で、まあ
trackback by: 本を読む女。改訂版 | 2005/10/13 12:35 AM
ざれこさんとこの(非公認)読者大賞blogの企画に参加。 過去記事を引っ張り上げてきました。 ちなみに管理人さん、くどいようですが例の件
trackback by: アトノマツリ【after_you-festa】 〜アトマツ家のミステリな読書日記 | 2005/10/13 9:55 AM
ざれこさんの(非公認)読者大賞blogで、今度は恋愛小説ベストを実施されているのでエントリーします。 私にとって恋愛小説といえば、やはり江國香織
trackback by: ホンノシアワセ | 2005/10/18 12:12 AM
『本を読む女。改訂版』ざれこさん企画の『(非公認)読者大賞blog。』 今回参加したのは【恋愛小説ベスト】。 一番に思いついたのは川上弘美さんの『ニシノユキヒコの恋と冒険』なのですが、既に上がっていたので、私は『サヨナライツカ』をエントリーしたいと思い
trackback by: みかんのReading Diary♪ | 2005/11/08 12:17 AM
ナラタージュposted with 簡単リンクくん at 2005. 6. 8島本 理生角川書店 (2005.2)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る 年の話はあまりしたくないが、私も30歳を過ぎ、 少ないけどもまあそれなりの恋愛経験を積み、失恋歴も豊富
trackback by: 本を読む女。改訂版 | 2005/12/28 12:04 PM
イトウの恋 「旅の時間は夢の時間」とあの女(ひと)は言った。人生はいつも誰にも不可思議なもの――。 ヴィクトリアントラベラーに恋した男の手記をめぐる、心暖まるラヴストーリー。『FUTON』に続く会心の書き下ろし第2弾! この作品が“開国直後の変貌しつつあ
trackback by: どこまで行ったらお茶の時間 | 2006/01/07 11:11 AM
あなたのそばで野中 柊 文藝春秋 2005-09-08 売り上げランキング : 88,082 Amazonで詳しく見る by G-Tools いつの日か、きみは僕に出会うよ。僕を好きになるよ−。頁をめくるとたちどころに恋をしたくなる。せつなくて、熱くて、もどかしい、6つの恋の物語。 フ
trackback by: どこまで行ったらお茶の時間 | 2006/01/07 11:12 AM
赤い竪琴 30歳を過ぎ、東京で一人虚無的な日々をおくるデザイナー・暁子。祖母の遺品がきっかけで耿介という男と知り合う。命ある限りの残酷な愛の記録。『小説すばる』掲載に加筆。 タイトル「赤い竪琴」からして何やら不穏で。 この作者のことだからホラーか幻
trackback by: どこまで行ったらお茶の時間 | 2006/01/07 11:13 AM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
trackback by: - | 2007/05/19 8:40 AM
失恋、これは人間が成長する過程で必ず通過する道なんじゃないでしょうか? 私も、学生のころは色んな経験をしましたが、特に失恋はつらい経験ですが、今思うと、私が成長したり、色々考えさせられるいい機会になったと思います。
trackback by: ちっ! | 2007/05/29 1:52 PM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
trackback by: - | 2007/06/06 6:54 PM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
trackback by: - | 2007/07/02 3:53 PM
韓国ドラマ宮(クン)第21話「皇太子妃、最大のピンチ!?」皇太子夫妻の公式インタビューでチェギョンの爆弾宣言を何とか止めたシン。皇室法度に従わずに軽率な行動をしたチェギョンに対して皇帝は大激怒。そんなチェギョンの姿にシンの心境も複雑だ。...
trackback by: 韓国ドラマ愛好会 | 2007/07/02 9:05 PM
 
 

読者大賞blog

本屋大賞ならぬ読者大賞?を目指す投票ブログ。
※すみませんが、現在リンクなしトラックバックは
拒否しています。
ゴールデンスランバー 図書館危機 サクリファイス 有頂天家族 クジラの彼 悪人 映画篇 スロウハイツの神様(上) (講談社ノベルス) スロウハイツの神様(下) ミミズクと夜の王 (電撃文庫) 私の男 ジェネラル・ルージュの凱旋 鹿男あをによし 天と地の守り人〈第1部〉 (軽装版偕成社ポッシュ) 天と地の守り人〈第2部〉 (軽装版偕成社ポッシュ) 天と地の守り人〈第3部〉 (軽装版偕成社ポッシュ) 家日和 赤朽葉家の伝説 本泥棒 八日目の蝉 青い鳥 花宵道中 スコーレNo.4