<< [探偵]瀬川みゆき(城平京)*prev
[文庫本]「PAY DAY!!!」山田詠美 >>*next
 

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author: スポンサードリンク
- | permalink | - | - |
 
 

[探偵]森江春策(芦辺拓)

taipeimonochrome ミステリっぽい本とプログレっぽい音樂 からのエントリです。

登場作品

時の密室 時の誘拐 和時計の館の殺人 怪人対名探偵 赤死病の館の殺人 不思議の国のアリバイ 赤死病の館の殺人 グラン・ギニョール城


taipeimonochromeさんの紹介記事です。原文はこちら

ここはやはりフツーに有名な探偵を一人は挙げておかないといけませんよねえ。

という譯で、三人目は、芦辺拓氏の作品から森江春策を。弁護士、と職業はいかにも普通だし、その風體から語り口からすべてがフツーのいいひと、というかんじなのですが、逆にこの普通さがいい。自分は神奈川の人間なので、大阪弁が新鮮ということもありますかね。この普通さ故に、どんな雰囲気の作品にもオールマイティーに対應出來るというのが強みでしょうか。

自分は森江探偵が登場する作品をすべて讀んでいるという譯ではないんですけど、このブログでレビューしたもののなかでは、やはり「時の密室」と「時の誘拐」が際だっていい。いずれもミステリとしても素晴らしい傑作です。

大阪で法律事務所を營む、という設定がそのまま活きているのが上の二作なのですが、個人的に、森江探偵がいい味を出していると思うのは當に明智探偵さながらの大活躍が見られる「怪人対名探偵」と、狂人の學藝會(ちょっと言い過ぎか)に無理矢理出演させられつつ、大阪人としてのツッコミ精神も忘れない彼の活躍が何とも微笑ましい「グラン・ギニョール城」の二作ですね。



author: ざれこ
企画4:好きな探偵ベスト(エントリ作品:国内) | permalink | comments(0) | trackbacks(0) |
 
 

スポンサーサイト

author: スポンサードリンク
- | permalink | - | - |
 
 
Comments:
Leave a comment:






TrackBack URL:
http://dokusyataisyo.jugem.jp/trackback/139
TrackBacks:
 
 

読者大賞blog

本屋大賞ならぬ読者大賞?を目指す投票ブログ。
※すみませんが、現在リンクなしトラックバックは
拒否しています。
ゴールデンスランバー 図書館危機 サクリファイス 有頂天家族 クジラの彼 悪人 映画篇 スロウハイツの神様(上) (講談社ノベルス) スロウハイツの神様(下) ミミズクと夜の王 (電撃文庫) 私の男 ジェネラル・ルージュの凱旋 鹿男あをによし 天と地の守り人〈第1部〉 (軽装版偕成社ポッシュ) 天と地の守り人〈第2部〉 (軽装版偕成社ポッシュ) 天と地の守り人〈第3部〉 (軽装版偕成社ポッシュ) 家日和 赤朽葉家の伝説 本泥棒 八日目の蝉 青い鳥 花宵道中 スコーレNo.4