<< [装丁本]ベスト本投票ご協力お願いします。*prev
[探偵]瀬川みゆき(城平京) >>*next
 

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author: スポンサードリンク
- | permalink | - | - |
 
 

[探偵]雪御所圭子(谺健二)

taipeimonochrome ミステリっぽい本とプログレっぽい音樂 からのエントリです。

登場作品

未明の悪夢 恋霊館事件 赫い月照


taipeimonochromeさんの紹介記事です。原文はこちら

さて、自分が推薦したいのは、deltaseaさんの「探偵雑論」の分類においては「悩める名探偵」のカテゴリに入る人たちでして。
「惱める」というところよりさらに一歩進めて、ここでは「探偵」という宿業を背負った存在、といってみたい。つまり何かしらのトラウマから、探偵という宿命に囚われてしまった者という譯です。

そんな探偵という宿業に囚われた名探偵ということでまず一番に挙げたいのが、谺健二の初期三部作で活躍を見せた女名探偵、雪御所圭子です。

振り子占い師という變わった職業を持った彼女ですが、ワトソン役の有紀とともに鯉口刑事の協力も得て、不可解としかいえない難事件の謎解きに活躍します。

まずはデビュー作ともなった「未明の悪夢」。有紀とともに阪神大震災で被災した彼女はいかにも情緒不安定で、一風変わった雰囲気を漂わせていたのですけど、次の連作短篇となる「恋霊館事件」では、數々の難事件に驚くべき推理を披露してくれます。

そして彼女の哀しい過去が明かされ、何故に彼女がかくも探偵という宿業に囚われることになったのか、そのいきさつが語られる歴史的大傑作「赫い月照」。どマイナーだろうと何だろうと、やはり谺健二ファンの自分としては、まず第一に彼女をこのベストに推薦したい譯でありますよ。

author: ざれこ
企画4:好きな探偵ベスト(エントリ作品:国内) | permalink | comments(0) | trackbacks(0) |
 
 

スポンサーサイト

author: スポンサードリンク
- | permalink | - | - |
 
 
Comments:
Leave a comment:






TrackBack URL:
http://dokusyataisyo.jugem.jp/trackback/137
TrackBacks:
 
 

読者大賞blog

本屋大賞ならぬ読者大賞?を目指す投票ブログ。
※すみませんが、現在リンクなしトラックバックは
拒否しています。
ゴールデンスランバー 図書館危機 サクリファイス 有頂天家族 クジラの彼 悪人 映画篇 スロウハイツの神様(上) (講談社ノベルス) スロウハイツの神様(下) ミミズクと夜の王 (電撃文庫) 私の男 ジェネラル・ルージュの凱旋 鹿男あをによし 天と地の守り人〈第1部〉 (軽装版偕成社ポッシュ) 天と地の守り人〈第2部〉 (軽装版偕成社ポッシュ) 天と地の守り人〈第3部〉 (軽装版偕成社ポッシュ) 家日和 赤朽葉家の伝説 本泥棒 八日目の蝉 青い鳥 花宵道中 スコーレNo.4