スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author: スポンサードリンク
- | permalink | - | - |
 
 

[探偵]沢崎(原錙

たりぃの読書三昧な日々のたりぃさんからのエントリです。

登場作品
そして夜は甦る 私が殺した少女 天使たちの探偵 さらば長き眠り 愚か者死すべし


たりぃさんの紹介記事を引用。原文はこちら。

 まず特筆すべきなのは、既刊全作品(最新の第5作目は昨年の11月末に出版なのでまだですが)「このミステリーがすごい!」でベスト10に入っていることですね。別に「このミス」に入っているから面白いとまでは言わないが、それでも凄いと思いますよ。ちなみに1作目の「「そして夜は甦る」は1988年度第2位、2作目「「私が殺した少女」は1989年度第1位で直木賞受賞、3作目「天使たちの探偵」は1990年度第5位、4作目「さらば長き眠り」は1995年度第6位です。
 そして、沢崎のプロフィールは、年齢不詳。愛車はポンコツの日産ブルーバード。趣味は囲碁(新聞の囲碁欄を愛読)。煙草は吸うが、酒は友人のアル中治療に付き合って以来飲んでいない。人に「探偵は男の生き方とか、生き様とかそういうことに根ざした職業でしょ?」と聞かれると、「探偵は胡散臭くて、卑しくて、しがない、ただの職業さ」と答える。
 それと、どれだけ事件に係わりたくても、依頼がないと動こうとしない。しかし、10歳の子供の依頼で仕事をしたり、自殺してしまった女性を依頼人にしたてたりと、あくまで形式に拘るが事件に係わりたければ依頼人をしたてる事もじさない。また、魅力的な女性に誘われても、名刺を渡して3日後にまだその気なら電話くれなんていう。こんなやせ我慢ばかりしながらも、皮肉なセリフを吐きつつ事件を解決してみせる。そんな沢崎の男の生き様には憧れますね。
author: ざれこ
企画4:好きな探偵ベスト(エントリ作品:国内) | permalink | comments(0) | trackbacks(0) |
 
 

[探偵]春桜亭円紫(北村薫)

お犬と本のある暮らしのぐれえすさんからのエントリ。

登場作品
空飛ぶ馬 夜の蝉 秋の花 六の宮の姫君 朝霧

やっと出てきた円紫師匠。嬉しい・・
落語家であり、女子大生の<私>とともに日常の謎を紐解く
探偵でもあります。日常の謎ってジャンルの草分け的存在。
包容力があり、優しい目線で世間を眺めている感じがします。
推理も、暗い部分もつくけど、なんか優しい。
author: ざれこ
企画4:好きな探偵ベスト(エントリ作品:国内) | permalink | comments(0) | trackbacks(0) |
 
 

[探偵]京極堂(中禅寺秋彦)(京極夏彦)

お犬と本のある暮らし のぐれえすさんからのエントリ。

登場作品

オンライン書店ビーケーワン:姑獲鳥(うぶめ)の夏オンライン書店ビーケーワン:魍魎の匣オンライン書店ビーケーワン:狂骨の夢オンライン書店ビーケーワン:鉄鼠(てっそ)の檻オンライン書店ビーケーワン:絡新婦の理オンライン書店ビーケーワン:塗仏の宴 宴の支度オンライン書店ビーケーワン:塗仏の宴 宴の始末オンライン書店ビーケーワン:陰摩羅鬼(おんもらき)の瑕
オンライン書店ビーケーワン:百鬼夜行??陰オンライン書店ビーケーワン:百器徒然袋??雨オンライン書店ビーケーワン:百器徒然袋??風

しかし、同じシリーズから探偵が2人挙がってきました。
(榎木津もすでに挙がってます)・・・面白い。

参考にしたサイト 大極宮
author: ざれこ
企画4:好きな探偵ベスト(エントリ作品:国内) | permalink | comments(0) | trackbacks(0) |
 
 

[探偵]イッカク(井上夢人)

アトノマツリ【after_you-festa】 〜アトマツ家のミステリな読書日記 からのエントリです。

風が吹いたら桶屋がもうかる
井上 夢人著集英社 (1997.8)通常2-3日以内に発送します。


アトマツさんの紹介記事。原文はこちら。

__________

牛丼屋でアルバイトをするシュンペイにはフリーターのヨーノスケと、パチプロ並の腕を持つイッカクという同居人がいる。ヨーノスケはまだ開発途上だが超能力者である。その噂を聞きつけ、なぜか美女たちが次々と事件解決の相談に訪れる。ミステリ小説ファンのイッカクの論理的な推理をしり目に、ヨーノスケの能力は、鮮やかにしかも意外な真相を導き出す。



やぱ管理人さんの資質にあやかって、ちょいマニアックな故意死球(ビーンボール)。
「風が吹いたら桶屋がもうかる」のイッカクを推薦します。

内容は、トンチンカンなトリオが織り成すコメディタッチの連作短編集。
まあ、所謂「ズッコケ三人組」ってヤツですわ。
案外珍しいんすよね〜、井上夢人(岡嶋二人)さんのシリーズモノって。

メンツのなかでは案外フツ〜っていうか、社交的なシュンペイくん。
そんな狂言廻しな彼に持ち込まれる数々の奇妙な事件を、
ヨーノスケのオチャメな超能力と、イッカクのヘンクツなヘリクツもとい論理で
解決していくちゅうオハナシ・・・ちゅうかコバナシです(笑)。

方向性としては、東野圭吾さんの「名探偵の掟」的な、所謂「パロい本格批判」。
「掟シリーズ」は、ちょっと狙いすぎで、残念ながらワタシの肌にはあいませんでしたが、
こちらは、なんだか微笑ましくって♪ おちゃらけ嫌いなヒトにも案外楽しめますよ。

ググれば色々ヒットするだろから、あえて多くは語らなくてもいいよね?
ともあれ、どんなどんでんがえしの真相が待ち受けようとも・・・

「論理に破綻はない!」

と、しかめっ面しくも鹿爪らしい顔でゴネまくる、イッカクの自称「完璧な推論」とやらを、
是非とも、細か〜い理屈抜きでお楽しみくださいませ。
author: ざれこ
企画4:好きな探偵ベスト(エントリ作品:国内) | permalink | comments(1) | trackbacks(0) |
 
 

[探偵]金田一耕助(横溝正史)

たりぃの好きなもの のたりぃさんからのエントリです。

登場作品(概要)

本陣殺人事件
犬神家の一族
女王蜂

悪魔の手毬唄 獄門島 悪魔が来りて笛を吹く 

全部じゃないです。
↓詳しくはこちらのサイト参照にされたほうがよろしいかと。
金田一耕助博物館

たりぃさんからの紹介記事です。原文はこちら。

 漫画は問題あるかもしれませんので、もう一人小説から選ぶとすればやはり『金田一耕介』だろう。これは別に『金田一一』のじっちゃんだから挙げたのでは決してなくて、最近の作家さんたちが描く探偵たちの多くは嫌々探偵をしていたり、本業の間に片手間にやっていたり、また暇つぶしというか遊びで探偵をやっていたりと、その人物を語るときに名探偵としか言いようがないような人をほとんど見かけないためです。『金田一耕介』についてプロフィールなんて今さらだが、あえて言うなら、日本で一番有名なもじゃもじゃ頭の探偵さんですね。
author: ざれこ
企画4:好きな探偵ベスト(エントリ作品:国内) | permalink | comments(0) | trackbacks(0) |
 
 

[探偵]金田一一(天樹征丸)

金田一少年の事件簿 File01
天樹 征丸原作 / 金成 陽三郎原作 / さとう ふみや漫画講談社 (2004.8)通常2-3日以内に発送します。


たりぃの好きなもの のたりぃさんからのエントリです。

漫画文庫で現在25巻まででしょうか。

紹介記事はこちら

記事引用

これは問題があるかもしれないが、もしOKなら一人目は『金田一一』をあげたいですね。漫画ということで駄目かもしれないが、ミステリー漫画というジャンルを確立した「金田一少年の事件簿」シリーズ。週刊連載という事でトリックに走り過ぎているきらいもあり、また僕自身も大好きかと言われればそれほどでもないが、やはりあの名言「じっちゃんの名にかけて」は忘れられないですね。


author: ざれこ
企画4:好きな探偵ベスト(エントリ作品:国内) | permalink | comments(0) | trackbacks(0) |
 
 

[探偵]御手洗潔(島田荘司)

アトノマツリ【after_you-festa】 〜アトマツ家のミステリな読書日記
アトマツさんからのエントリです。

登場作品

占星術殺人事件 斜め屋敷の犯罪 御手洗潔の挨拶 御手洗潔のメロディ 御手洗潔のダンス 御手洗潔のメロディ Pの密室 水晶のピラミッド 眩暈 異邦の騎士 改訂完全版 最後のディナー ロシア幽霊軍艦事件 セント・ニコラスの、ダイヤモンドの靴 ネジ式ザゼツキー 上高地の切り裂きジャック 魔神の遊戯

パロサイ・ホテル〈上〉―御手洗パロディサイト事件〈2〉 パロサイ・ホテル〈下〉―御手洗パロディサイト事件〈2〉



アトポス ハリウッド・サーティフィケイト 


オンライン書店ビーケーワン:竜臥亭事件 上 オンライン書店ビーケーワン:竜臥亭事件 下 龍臥亭幻想 上 龍臥亭幻想 下

アトマツさんの紹介記事です。原文はこちら

唐突ですが、みなさんに質問です。
↓の項目に、みなさんは幾つ該当しますか?


------------------------------------------

【アナタのミタライアン☆チェック】

☆親や兄弟や友人に「このヒネクレものが〜!」といわれたことがある。

☆ついついヒトのハナシをひっくり返しては、ヒンシュクを買ってしまう。

☆ヒトとの会話はど〜でもいいが、犬との会話は重要。

☆ヒトの名前を覚えるのは、南大門もとい難問題。

☆熱しやすく冷めやすい、凝り性の飽き性。

☆ひとりが好きなくせに、案外寂しがりやさん。

☆分かりあえるヒトは、一人でいい。

☆案外情にもろいが、それをヒトに悟られるのはイヤ。

☆ワリにカラっと明るい性格なんだけど、何故だか人間関係が苦手。
 そのくせ一度落ち込むと、あっちの世界からしばらく帰ってこない。

☆ようするにお天気屋さんで、浮き沈みが激しく、ささいなことで
 ついついパートナーに当り散らしてしまう。

☆腕時計と携帯電話が大嫌い。

☆そんなこんなで職を転々としている。

☆そんな自分は「世渡り下手」だと思う。

☆ああいえば上祐。

----------------------------------------------


どうですかお客さん?

え?「やばっ、5つ以上当てはまってる!」って?
そうですか・・・そうなんですか・・・

・・・コホン、わかりました。では、もう何も申しますまい。

我が永遠のミステリ&名探偵、そんなアナタに自身を持って推薦します。

4061833715占星術殺人事件島田 荘司 講談社 1987-07売り上げランキング : 16,476Amazonで詳しく見る by G-Tools


author: ざれこ
企画4:好きな探偵ベスト(エントリ作品:国内) | permalink | comments(1) | trackbacks(2) |
 
 

[探偵]神津恭介(高木彬光)

アトノマツリ【after_you-festa】 〜アトマツ家のミステリな読書日記
の、アトマツさんからのエントリです。
詳細は「続きを読む」で。すいません。


続きを読む >>
author: ざれこ
企画4:好きな探偵ベスト(エントリ作品:国内) | permalink | comments(0) | trackbacks(0) |
 
 

[探偵]森江春策(芦辺拓)

taipeimonochrome ミステリっぽい本とプログレっぽい音樂 からのエントリです。

登場作品

時の密室 時の誘拐 和時計の館の殺人 怪人対名探偵 赤死病の館の殺人 不思議の国のアリバイ 赤死病の館の殺人 グラン・ギニョール城


taipeimonochromeさんの紹介記事です。原文はこちら

ここはやはりフツーに有名な探偵を一人は挙げておかないといけませんよねえ。

という譯で、三人目は、芦辺拓氏の作品から森江春策を。弁護士、と職業はいかにも普通だし、その風體から語り口からすべてがフツーのいいひと、というかんじなのですが、逆にこの普通さがいい。自分は神奈川の人間なので、大阪弁が新鮮ということもありますかね。この普通さ故に、どんな雰囲気の作品にもオールマイティーに対應出來るというのが強みでしょうか。

自分は森江探偵が登場する作品をすべて讀んでいるという譯ではないんですけど、このブログでレビューしたもののなかでは、やはり「時の密室」と「時の誘拐」が際だっていい。いずれもミステリとしても素晴らしい傑作です。

大阪で法律事務所を營む、という設定がそのまま活きているのが上の二作なのですが、個人的に、森江探偵がいい味を出していると思うのは當に明智探偵さながらの大活躍が見られる「怪人対名探偵」と、狂人の學藝會(ちょっと言い過ぎか)に無理矢理出演させられつつ、大阪人としてのツッコミ精神も忘れない彼の活躍が何とも微笑ましい「グラン・ギニョール城」の二作ですね。



author: ざれこ
企画4:好きな探偵ベスト(エントリ作品:国内) | permalink | comments(0) | trackbacks(0) |
 
 

[探偵]瀬川みゆき(城平京)

taipeimonochrome ミステリっぽい本とプログレっぽい音樂 からのエントリです。

登場作品

名探偵に薔薇を


taipeimonochromeさんの紹介記事です。原文はこちら

さて、續く二人目は、これまた名探偵という宿業を背負った女探偵、瀬川みゆきです。
彼女が登場するのは城平京の長編「名探偵に薔薇を」の一作のみですが、現実の享樂に交わろうとしないところが禁欲的で、悲壯感さえ漂う雰囲気がいい。

彼女が活躍する「名探偵に薔薇を」はタイトルにもある通り、瀬川みゆきという名探偵の存在が、物語の事件に大きく關わっています。彼女がいなくてはこの物語はまったく成立しない、という點で、この作品、當に探偵小説中の探偵小説といえる傑作です。

全体は大きく二部に分かれているのですが、第一部「メルヘン小人地獄」では、はいかにも我々が想像する探偵小説の中の探偵らしい活躍を見せる彼女でありますが、探偵小説として彼女の存在感に壓倒されてしまうのは、第二部の「毒杯パズル」においてです。

ここで彼女は何故これほどの悲愴感をもって事件に挑まなければならないのか、名探偵瀬川の哀しい過去が明らかにされるのです。
彼女も當に雪御所圭子と同樣、探偵を續けることが宿命になっているという點で異色でしょう。


author: ざれこ
企画4:好きな探偵ベスト(エントリ作品:国内) | permalink | comments(0) | trackbacks(0) |
 
 

読者大賞blog

本屋大賞ならぬ読者大賞?を目指す投票ブログ。
※すみませんが、現在リンクなしトラックバックは
拒否しています。
ゴールデンスランバー 図書館危機 サクリファイス 有頂天家族 クジラの彼 悪人 映画篇 スロウハイツの神様(上) (講談社ノベルス) スロウハイツの神様(下) ミミズクと夜の王 (電撃文庫) 私の男 ジェネラル・ルージュの凱旋 鹿男あをによし 天と地の守り人〈第1部〉 (軽装版偕成社ポッシュ) 天と地の守り人〈第2部〉 (軽装版偕成社ポッシュ) 天と地の守り人〈第3部〉 (軽装版偕成社ポッシュ) 家日和 赤朽葉家の伝説 本泥棒 八日目の蝉 青い鳥 花宵道中 スコーレNo.4